初めてのキャッシングでも安心のアコム。アコムなら近くの駅でキャッシングできます!

アコムの金利負担を考える

クリック むじんくんに行かなくても大丈夫!
アコムなら《スマホ》で24時間申し込み可能!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
アコム公式ページ

アコムのキャッシングはテレビCMでもかなり流れているので知らないという人も少ないのではないでしょうか。

例えば、すぐに10万円用意したいとか考えると選択肢のなかに入ってくる業者だと思います。 アコムは最短で1時間で融資が可能になっているので急ぎの人にも対応しています。 でも実際にお金を借りるとなると気になるのがアコムで借りた時の金利ですよね。 借りたあとどれだけ金利の負担があるのか把握しておくことは必要だと思います。

アコムの金利は実質年率4.7%~18.0%という設定になっていますが、 改正貸金業法による影響でアコムをはじめとした消費者金融は上限金利が決定されています。

10万円未満:年20%
10万円以上~100万円未満:年18%
100万円以上:年15%

アコムの場合もこの範囲内で金利が設定されているのです。 大手の消費者金融を比較してみても金利の部分で大幅な開きがあるわけではないので、 金利だけで業者を選択するのはちょっと難しいかもしれません。

>>《スマホ》から24時間OK!今すぐ借りたいならアコムで申込み

アコムの無利息サービス

アコムには30日間無利息で借りれるサービスがあります。 もちろん無条件ではありませんが、はじめてアコムを利用する人で35日ごとの返済を選択した人が 対象となります。

アコム以外にもプロミスやレイクでも無利息サービスを展開している業者はありますが、 アコムの場合は契約日の翌日から30日間となるので注意が必要です。

契約してすぐに借り入れをしない場合は、その分だけ無利息期間が無駄になります。 すぐに借り入れをするならいいですが 契約日から日がたって利用する場合は注意が必要です。

アコムの金利を計算してみる

アコムの場合どの程度のの金利を負担するのでしょう? アコムの金利は4.7%~18.0%となっていますが、これは、審査に於いて決定されることになります。

ただ、新規で借り入れするような場合は、ほとんどのケースで18.0%となることが多いようです。 消費者金融でも融資は個人の信用によって貸出をするので、上限金利に設定されるようです。 実際に18.0%で50万円を借りた場合には、50万円×18.0%÷365日で日割りの金利がかかります。

つまり、借りた日数分だけの利息が発生します。なので、30日間借りると、7,397円の利息がかかります。 なので、実際に借り入れをする場合にはしっかりとシミュレーションをしてどれくらいの負担になるのか 計算しておくことをおすすめします。

自動契約機で申し込みを行うメリット

キャッシングの申し込みを行うときには、色々な方法がありますが典型的な方法としては自動契約機を使うというようなことがあります。自動契約機は、店舗までいかなくてはならないのですが、自動契約機を利用するのにも結構いいことが多いです。

まず、自動契約機は申込みをしてからカードの受取りをするまで、その場でできることが大きなメリットです。郵送でカードが送られてきたりするようなことを待つ必要もなく、ネットが苦手な人にとってはかなり便利で完了までに30分から1時間くらいで終わるので、時間もかからないのです。

また、不明点があれば、契約機の近くにある電話ですぐにオペレーターに確認できる野も、やりやすさがアップしている秘訣ですし、夜遅くまで即日融資に対応していることが多いですから、銀行系カードローンとかのように早めに審査を完了しなければならないわけではありません。

さらに、自動契約機は施錠可能ですから、外から見えない野で安心して申請を行うことが可能です。店舗に行くのはちょっとと思うようなことも多いでしょうが、意外に使い勝手もいいのでお近くに借りたい消費者金の店舗があるときには

一度利用してみるというのも手であるといえます。

アルバイトでも利用することができるキャッシング

いざというときにお金が必要になる状況において、雇用形態は関係はないでしょう。

ですから、アルバイトであろうとお金がいきなり必要になることはあるのです。そこで重要になってくることがキャッシングサービスです。こうしたサービスは安定している人にしか貸さない、ということが多いでしょう。

しかし、アルバイトも実はそれなりに評価してもらうことができます。そもそも働いているのであればそれは問題ないのは確かなのです。銀行系でもない限りは総量規制、つまりは働いている人にしか貸すことができない、ということになっているのは確かではあるのですがそれはアルバイトでも可能なのです。アルバイトだって立派に働いている、というのは間違いないでしょう。

ですから、お金を貸すことはできるようになっています。アルバイトというのは、そんなにお金を貸せる相手ではないのですが、それでも10万円、20万円であればとりあえず限度額として借りることはできることでしょう。もちろん、他のところから借りていない、ということが条件ではあります。余所からも借りていますとさすがに厳しいこともあります。

キャッシングサービスにおいて利息とは?

キャッシングサービスというのは、当然ながら利息が必要になります。利息というのは、これは利息制限法になります。これを守ることが必須になっています。

グレーゾーン金利などに問題があったのですが、それは出資法でやっていたからです。そのあたりが素人にはわかりづらいでしょうが、今ではそんなに気にすることではないでしょう。

きちんとした店であればこれは確実に守っているからです。一時期はやや野放図になっていたこともあるのですが、今ではそんなことを心配することはないのです。では、どの程度の金利になるのか、といいますとこれは最大で18%になります。つまりは、10万円を借りた場合、年の利息が1万8千円、ということになります。勿論、その間に返済をすればそこまでいくこともないです。

あくまで残っている債務に対して金利がかかることになりますから、ずっと借りていない限りはこの金額になることはないです。そこまでよい方法ではないのですが、月単位で見ればかなり安く感じることでしょう。実際にそんなに負担が大きいともいえない金利になっています。

そもそも金利は既に右肩下がりとなっており、歴史的には安くなっています。つまりは借りやすくなっていることは確かなのです。

一億総活躍などの政府の政策について

政府の行っている労働に関する政策について、配偶者控除の額を引き上げにより主婦層の労働力を生かそうとしていること。逆に、団塊の世代が年金を受給し始めたことにより年金財政が危うくなり、年金の額を減らすこと。

配偶者控除がなくなるので、年末に近づくとパートの時間を調整するという主婦もいると聞いている。そのために額を引き上げることでこの調整している主婦層の労働力を取り戻そうとしている。

また、年金の受給年齢も引き上げ、また支給額までも下がっている現状から、仕事をしなければ生活できない高齢者。生活費がなくなり、生活保護や犯罪までも起こす実情。

また、高齢者ドライバー。タクシー運転手や介護関係のバスの運転手の存在にも不安を感じている。

高齢により交通事故を起こす要因になってはいないか。政府の掲げる一億総活躍とは何か。無駄に生活をしている人はいないのではないか。何らか役には立っているとは思う。

子供を産むこと。若い世代を育てること。産休明けの労働力が必要なこと。保育園などの場所にお金を使うこと。などこのような場所にお金を使うことは大事である。

保育所などがないからと投書があったからとそのことばかりにとらわれている今の政策には疑問がある。

↑ PAGE TOP